マスターホロソファー ブラッシュアップ講座を受けて

先月(9/24)、マスターホロソファーのブラッシュアップ講座を受講してきました。

今回のテーマ
「感覚を研ぎ澄まし
 生命を感じる」

施術を行うときの初心を振り返りつつ、感覚を磨く内容だったのですが……。

ホロソフィーの講座って、おもしろいなぁとつくづく思ってしまうのが、施術をする上で大切なことや必要なこと、もちろん、そこに必要な技術や知識とかを学ぶのだけど、
それだけではなくて、
日々生活していく上でも大切なんじゃないかと思えることがいっぱい、というところ。
しかもその日々の生活でも大切なことは、言葉で言われて学ぶのではなく、受講した人がそれぞれ必要なものを自然と感じ取っている、ということ。

毎回、そういった気づきというか、なんとなく感じるものがあるのですが、言葉にしていなくて。
ただ言葉にすればいいとかそういうものではないのだけど、
言葉にしないと、自分の中で何も感じなかったことにしてしまったり、せっかく感じたのにきれいさっぱり忘れ去ってしまったりと、とてももったいなく感じたので、
言葉にすることで、自分が何を感じたかをじっくり見つめる練習をしようと思って、今回ちゃれんじしてみてます(笑)

2020年9月24日受講風景
講座中の様子

今回の講座を受けて、わたしの中で一番、そうだよなぁぁぁ大事だよなぁぁぁと感じたのが、
“ イマ ” の わたし を、しっかりと感じること でした。

反対のことをついやってしまいがちなんですが、それが特に自分に余裕がなくて必死なとき。
「自分のことはいいから置いといて、今はまず、こっちに集中しなきゃ!」
という感じ。
そういうことって、ありませんか?
わたしは日常生活でも気がつくとそうなっていることがあるのですが……

ヒトを大切にしなきゃ、まわりのことを優先しなきゃと思うあまり、自分をないがしろにしてしまう。
なんていうかな、
自分の感覚になんかフタをして、見ないフリをしてでもいいから、
相手のこと考えろ
自分の存在考えてたら先に進めないから!なんなら消していいから!
とか、そういう感じに追い込んでしまう。

その相手というのは、家族だったり、仕事だったり、友人だったり、そのときそのときの相手。
考えたらわかるのだけれど、そんな感じで過ごしていたら、相手にふりまわされたり、相手の良いように使われたり、自分自身も感覚にフタをしていてよくわからないから相手をふりまわしちゃったり、自分も相手もどんどんどんどん疲弊していくだろうし、そうなってくるとそれぞれの本来の力も発揮できなくなってきて、最終的に良いものになるかと言われたら、あー……うん……ね。という結果になると思う。
と、いうことは?
相手のために!だけを考えた結果って、結局、相手のためになっているのかな?

“ イマ ” の わたし を、しっかりと感じて、そこからぶれなければ、
“ イマ ” の あなた が悩んでいることがあるときは、
困っていることを客観的に見たり
別の角度から見て伝えられることがあるかもしれないし
ぶれることなく、その場の状況を見極めていけるんじゃないだろうか
それを繰り返していくことで、お互いが迷走してぐるぐるするのではなく、ぐぐーんと進みたい方向に進んでいけるのかもしれない
うん。なんか、とても、建設的に進みそう。

“ イマ ” の わたし、とても大事。

実技→まずは腕で練習してみて、
2020年9月24日受講風景
実際の施術のように練習

同じことを施術でもしていくと、
今までよりも、さらに感じられる世界が広がる
感覚に自信があるとかないとか、そういうんじゃなく、感じられる

からだをあずけていただいて、向き合う時間は、とてもありがたくて、贅沢で、興味深い世界を感じていたけれど、
そこに、自分という存在があることも認識すると、さらに広く深く、そして静かで心地よい世界が無限にひろがっていくのかもしれない!
……あ、それは言い過ぎ?そんなこともない?(笑)

“ イマ ” の あなた と
“ イマ ” の わたし で
あなたのからだと向き合っていく
そこではじめて見えるものがある。ひとのからだって、施術って奥が深くて、興味深いなぁ と、しみじみ感じた時間となりました。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
いろんなことを感じながら、学びながら、日々成長していきたいなと思います。

*===============*
施術のご予約、承っております。
受付時間、お問い合わせはこちらから↓

受付時間&アクセス
受付時間はなりこでの施術のほか、出張施術や各種教室、講座の開催などを行なっています。完全予約制となっていますが、当日予約をお受けできることもございますので、お気軽に、問い合わせフォームやメールなどでご連絡ください月、火、木...
タイトルとURLをコピーしました